京都限定の新しい和風の畳スタバがすごい?清水寺近くの二寧坂という場所の座敷の新店舗

京都限定の新しい畳のスタバができたのをご存知ですか?

2017年の6月30日に、清水寺の近くの二寧坂にオープンして、まだ3ヶ月しか経っていません。

私の地元が京都なので、京都にいる友達や家族から、このスタバの人気ぶりを聞いています。

観光客の方が多いようで、なかなか地元にいると行けない場所なのですが、今回はそんな気になる新店舗のスタバを紹介します。

店舗名は「京都二寧坂ヤサカ茶屋店」です。

清水寺の近くの二寧坂のスタバ

 

二寧坂は「にねいざか」と読み、京都の代表的な坂の1つです。

近くに産寧坂という坂もあり、この辺はモロに観光地ですね。

少し歩くと清水寺もあるので、二寧坂や産寧坂にはお土産屋さんが立ち並んでいます。

そんな観光地のど真ん中に座敷の和風スタバができたんですよね。

たった3ヶ月しか経っていないのに、某サイトでは既に口コミやレビューが100件以上もありました。

海外の口コミも多かったのですが、やはり海外ウケは良いと思いますね。

このペースだと2年ぐらい経ったらレビュー数が1000を超えていてもおかしくないですね…。

京都二寧坂ヤサカ茶屋店の最寄り駅は?

 

京都二寧坂ヤサカ茶屋店の最寄り駅は、京阪本線の祇園四条駅か清水五条駅です。

実際に距離を測ってみると、祇園四条駅から1.3km、清水五条駅から1.6kmでした。

かなり距離があるのですが、バス停ならもっと近くにあります。

「清水道」と「東山安井」というバス停からならば、400mほどでこのスタバに到着できます。

京都駅からのアクセス

 

電車で行こうとすると、京都駅には京阪の駅がないので京阪七条駅まで歩かなければなりません。

結構距離がありまして、京都駅から、徒歩で15分ぐらいかかってしまいます。

なのでバスかタクシーがおすすめなのですが、バスならば京都駅から「206」と「100」が「清水道」に停まるので、そのバスを利用すればいいでしょう。

東京からならば、東京駅or品川駅⇒(新幹線)⇒京都駅⇒(バス)⇒清水道、が最短ルートです。

河原町駅からのアクセス

 

阪急を利用して京都にこられた方は、河原町駅からのアクセス方法を知りたいでしょう。

河原町駅からなら、バスは207が出てるので、207に乗れば「東山安井」に停まります。

また河原町駅からなら、頑張れば歩いてでもいけます。

河原町駅から二寧坂のスタバまで、約1.6kmの距離です。

道中は祇園や八坂神社を通るので、歩いていても飽きず、河原町駅からなら徒歩もおすすめです。

ちなみにタクシーで行けるか不安な人もいるかもしれませんが、

タクシー運転手に「二寧坂まで」と言えば、

有名なので全員が知っているので、安心してタクシーに乗ってください。

営業時間は?混雑は?

 

営業時間を調べてみると8時〜20時でした。

朝からやっているので、空いている時間に行きたいのならば、早朝が良いかもしれませんね。

ただオープンしたてなので、8月に友達が行った時は、朝でも座れなかったそうで、テイクアウトになったそうです。

もう少し時期が経って落ち着けば、朝なら空くようになるかもしれません。

京都のスタバは混んでいるイメージがあるかもしれませんが、平日の早朝は空いている店舗も多いです。

特に観光地は朝は通勤に使われないので、私がよく行っていた繁華街のスタバはいつも空いていましたね。

東京のスタバは周りに会社がたくさんあるので、朝から混んでいるのが普通ですが、京都はそうでもないですね。

京都には他にも和風なスタバがある

 

京都には「京都二寧坂ヤサカ茶屋店」だけでなく、他にも京都らしいスタバがあります。

京都三条大橋店

 

京都三条大橋にあるスタバは、川床でコーヒーを飲むことができます。

5月〜9月のみ解放されるのですが、鴨川を見ながら飲めるので非常に人気があります。

京都烏丸六角店

 

六角堂というお寺が目の前にあるスタバです。

ガラス張りになっているので、六角堂を眺めながらコーヒーを飲むことができます。

京都にスタバは結構多い

 

京都市はそこまで広くない割にはスタバの数が結構あって、どこの店も個性的です。

もちろん一番個性的なのは、新店舗の「京都二寧坂ヤサカ茶屋店」であることは間違いないですが、上記の2店もかなり京都らしさを感じることができるはずです。

二寧坂のスタバが混みすぎて、中でコーヒーを飲めなかったら、上の2店に行けば京都風スタバを味わうことができるでしょう。

特におすすめなのは、京都三条大橋のスタバです。

鴨川を眺めながらコーヒーが飲めるのは、京都のこの店舗だけですからね。

sponsored link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ