少食で人生変わった!時間と心に余裕が生まれる?

少食がきっかけで人生変わったと感じています。

 

食べなければならないという常識から抜け出すことで、

時間と心に余裕が生まれます。

 

1日3食のうち1食しか食べませんから、

2食分の時間とお金が必要ないのですからね。

 

もしあなたが過食気味ならば、

一度だけ少食で生活する期間を作ってみてください。

 

食べなければいけないという考え

 

人間は1日3食と15時のおやつを食べれば、

4回ぐらいは何か口に入れるタイミングがあるということになりますよね。

 

私も子供の頃から、毎日「朝昼夜」は食べていましたし、

お菓子も毎日食べてきました。

 

食べなければ、命に関わるかもしれないという恐怖があったからこそ

食べるようにしている部分があったんですよね。

 

1食でも抜くと栄養失調になるのではないかという恐怖があるのです。

 

お腹が減るのは身体の危険信号であると判断して

できるだけ空腹がないように心がけていました。

 

1日3食を食べると健康になれると信じていたんですよね。

 

しかし外に出て、現代人を見渡してみてください。

 

痩せている人よりも

ぽっちゃりと太っている人の方が多いじゃないですか。

 

あの太った姿が本当に人間の健康的な姿になるとは到底思えません。

 

食べないことに対する不健康の思い込み

 

昔の日本人は1日2食で、

食事内容も質素だったのに、

みんな健康で長寿だったんですよね。

 

医療の発達によって、現代の平均寿命は伸びてきているのですが、

食生活の乱れで生活習慣病になる人は昔よりも遥かに増えています。

 

生活習慣病は食事の偏りや食べ過ぎが主要な原因であるのですが、

ここまで食べ過ぎが問題になっているのにも関わらず、

たくさん食べることに対しては、ほとんど非難されずに、

1食抜くことに対しては、驚くほど非難されます。

 

確かに痩せ過ぎて病気になる例もあるかもしれませんが、

生活習慣病に比べれば少数でしょう。

 

なぜ食べないことに対して

ここまで不健康のイメージが定着しているのか分かりませんね。

 

思い込みって恐ろしいもので、

具体的な結果(生活習慣病の人が増えている)があるにも関わらず、

常識と思われている食事(1日3食)に対しては疑わないのです。

 

そして自分たちが不健康だと決めつけてきた少食に関して、

それが健康に良いというデータが出ても目を背け続けるんですよね。

 

sponsored link

 

1日1食は不健康なのか?

 

「1日1食しか食べないんですよ。」と言うと、

絶対にマイナス系の返答が返ってきますね。

 

「健康に悪いな〜!しっかり食べな!」とアドバイスを受けるのですが、

3食しっかり食べて病気になっている人に言われたくはないですよね。笑

 

これってかなり面白い図式で、

少食で健康を手に入れている私が、

過食で不健康な人から忠告を受けているのです。

 

私は1日1食〜2食の少食生活で

2年以上風邪すら引いていないのですよ。

 

少食で人生が変わったのは余裕が生まれたから

 

「少食で人生変わった」というタイトル通り、

私は1日1食の少食生活をはじめてから、

別人のように毎日を充実させることができています。

 

1日1食で得られる最大のメリットは、時間の余裕です。

 

食事に使う時間がなくなるだけでなく食前食後の時間も節約できるのです。

 

朝食と昼食の「食事の準備時間+食事時間+食後の一服」

の3つが節約できてしますのです。

 

食事の準備時間というのは、

例えば弁当を買いに行ったり、飲食店に入店したり、買い物に行ったり…

などです。

 

自炊している人なら自分で弁当を作ったりするかもしれません。

 

これって料理が好きな人ならいいかもしれませんが、

嫌々やっているのなら完全に時間の無駄ですよね。

 

朝と昼を食べなくてもいいと考えると、

一気に時間が節約できて、仕事や勉強に没頭し続けることができるのです。

 

時間も余るぐらいありますから、

仕事も順調に終わらせることができて心に余裕が生まれます。

 

夕食は朝と昼を食べていないので格別に美味しく感じますから、

食のありがたみを再認識できるんです。

 

sponsored link

 

食欲の為に生きていて楽しいのですか?

 

現代人は食べる為に生きているのではないでしょうか?

 

確かに食事をすることで、大きな幸福感を得ることができますから、

やみつきになる気持ちは分かります。

 

ですがその幸福感の為に、

何か大きなものを犠牲にしているかもしれないと考えたら損だと思いませんか?

 

食べなかったら会社で出世できたり、

資格試験に合格できるかもしれません。

 

過食の人よりも使える時間が増えますからね。

 

また経済的にも、1日1食ならば2食分も節約できますから、

仕事に役立つアイテムを購入することができますし、

勉強なら良い参考書やノートを買うことだってできます。

 

時間とお金が節約できれば、

より生産性が生まれて活躍できて有意義に生きれる可能性が高まるのです。

 

食事ってどれだけ良いものを食べようが、

生産性という意味では何を食べても同じですからね。

 

美味しいものを食べたら頭がよくなったりするのなら話は別ですけど、

そんな魔法のような食べ物は存在しませんよね。

 

お金持ちならば、美味しいものを食べても良いかもしれませんが、

普通の一般人ならば食費を節約できることに越したことはないですよね。

 

食欲に振り回されて生きるのではなく、

しっかりとコントロールしてうまくチャンスにつなげる方が

人生においてトータルで得をすることができると思います。

 

sponsored link


追伸

2014年からこのブログを通して、たくさんのダイエットを試してきましたが、

一番痩せることができたのが、酵素ドリンクによるプチ断食です。

毎日運動しても体重が減らなかったのですが、

酵素ダイエットですぐに3キロ痩せることができました。

現在も毎週プチ断食をして体重をキープしています。

もしも訪問者様がダイエットに悩んでいるのなら、

運動やプロテインよりも酵素ドリンクがおすすめです。

私がダイエットに成功した酵素ドリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ