スレンダートーンを連続で1週間やる!レベルや強さの目安は?

スレンダートーンは2日に1回ペースでやっていたのですが、

1日1回を1週間連続でやって腹筋を鍛え込んでみることにしました。

スレンダートーンの強さのレベルの目安をお伝えしますね。

sponsored link

スレンダートーンを1週間連続でやってみる

 

今までは2日に1回のペースなので

週3日しかスレンダートーンをやっていませんでした。

 

しかし筋肉痛にならなくなってきたので、

毎日1回を1週間連続でやったほうが効果がありそうだと考えたんですよね。

 

腹筋を鍛えようとして筋トレをするときは、

毎日する人がほとんどですよね?

 

腹筋は回復が早いので

毎日やっても大丈夫だというのは有名な話です。

 

なのでスレンダートーンも毎日やってみようと思ったんです。

 

レベルは60〜90です

 

レベル60で筋肉痛にならないので

次は70にして、次は75と日に日にレベルを上げていきました。

 

強度を上げていくと、

スレンダートーンのスイッチが入っているときの負荷が上がります。

 

最終的に7日目は90まで上げましたね。

 

1週間連続でやったあとは再び1日2回を週3でやっています。

 

そろそろ合計回数が40回に到達しそうなので、

予備のパッドに交換するつもりです。

 

 

みんな毎日やることを怖がりすぎ

 

「筋トレを毎日するのはダメだ」

「回復が追いつかないから逆効果」

確かに理論上は合っているのかもしれませんが、

筋トレはやればやるだけ良いというのが私の考え方です。

 

私は小学生からスポーツクラブに通っていましたが、

筋肉痛でも練習が休めませんから

筋トレやダッシュや素振りをしていまして、

お陰で一気に体力がついた経験があります。

 

筋肉痛になっていないのに休んでばかりの人は意味がないです。

 

筋肉痛にならないのなら、

なるまで頑張るというのが私のスタイルです。

 

なのでスレンダートーンも筋肉痛になっていないのなら、

翌日も強度を上げてやりますし、

再び筋肉痛にならないのなら、

もっと強度のレベルを上げるしかないのです。

 

sponsored link

 

スレンダートーンは週5日

 

説明書をよく読んでみると、

スレンダートーンは週5日することを勧められています。

 

週5日で1日2回だと、

筋トレ的には1日300回の腹筋トレーニングを週5でやることになります。

 

これだけやれば、そこらへんの運動部の人間よりも

腹筋が付くことは間違いないでしょう。

 

腹筋300回を週5回もやっている人なんて

よっぽどのスポーツ強豪校とかじゃない限りやってないです。

 

私は中学時代は野球の強豪校にいましたが、

腹筋100回を週3しかやっていませんでしたからね。

 

腹筋は300回やっている人はいても、

腹斜筋の筋トレを300回もやっている人は絶対にいないです。

 

この腹斜筋は男性だけにメリットがあるわけではありません。

 

腹斜筋はお腹の横の筋肉なのでちょうどくびれになる部分です。

 

つまりここを鍛えておけば、きれいなくびれを作るのに役立つんですよね。

 

腹回りの脂肪を取るだけでなく、

かっこいい腹回りを作ってくれるという機能も備えていますから。

 

今までは基本プログラムしかやっていませんが、

そろそろボーナスプログラムやアクティブプログラムをやってみたいです。

 

アクティブプログラムの持久力強化と初級中級なら、

今すぐにでもできそうなレベルなので、

次回からは新しいプログラムに挑戦して

スレンダートーンのマンネリ化を防ぎたいですね。

 

仕事中に使っているときもあるので、

自然と持久力強化のメニューはできていたのかもしれませんけど…。

 

私の仕事は事務職ではないので、動くことが多いのです。

 

なので動きながらスレンダートーンをつけていれば、

持久力強化プログラムをこなせていることになります。

 

動きながらするのは逆効果だと思っていましたが

むしろ効果が高いやり方だったようですね。

 

sponsored link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ