ながらウォークの色はブラウンで決まり?椅子のような座り心地!

 

img_2901

ながらウォークにはピンクとブラウンがあるのですが、

私はブラウンにしましたよ。

椅子のような座り心地なので、

最近は何をするにもながらウォークに座るようにしています。

座って動くぐらいなら本を読みながらでもできてしまいます。

sponsored link

ながらウォークのおすすめの色は

 

ながらウォークのおすすめの色と言われても、

ピンクとブラウンの2色しかないんです。

 

部屋が洋室で、ブラウンの机、本棚、椅子だったりするので、

ピンクはこの部屋には合わないと思ってブラウンにしました。

 

まあ色のセンスが全くないので、

もしかしたらピンクを入れることにより、

何かが際立ったのかもしれませんが…。笑

 

ながらウォークは男性は痩せない?ブラウンを通販で買ってみた!

 

座椅子ではなく椅子

 

ながらウォークは座椅子のような感じではありません。

 

ワンダーコアスマートを座椅子だとしたら、

ながらウォークはキャンプとかで使う小さい椅子をより小さくした感じです。

 

椅子と座椅子は文字は似ていますが、座り心地は全く違いますよね。

 

骨盤とか姿勢にとっては座椅子のように床に座るよりも、

椅子のような洋式の生活様式の方がいいです。

 

老人ホームとかを想像してもらうと分かりますが、全て洋式じゃないですか。

 

部屋のユニットも個室もトイレも全て洋室であり、

それは身体にとって負担が少ないからなんです。

 

足がフラフラで畳生活なんでしんどいでしょう。

 

椅子に腰掛けたほうが楽にきまってます。

 

なので地べたに座るような器具はあまり好きではないので、

ながらウォークのような器具が好きなんです。

 

sponsored link

 

本を読み、ながらウォーク

 

私は読書が好きなのですが、

集中すると時間を忘れて読み切るまでやめられません。

 

そしてこの読んでいる時の姿勢が悪くて、困っていたのです。

 

姿勢を正しながら読むなんて器用なことは私はできず、

腰を丸めて、顎を前にだして、まるで杖をついている高齢者のような姿勢で本をよむのです。

 

しかしこのながらウォークに座れば、そのような姿勢になることを防いでくれます。

 

姿勢が悪くなることに気付いたら直すのではなく、

姿勢に悪くなりにくいものに最初から座っておけばいいのです。

 

この姿勢で何年も生活すれば、

こちらが癖になってしまって、悪い姿勢を忘れてくれます。

 

ながらウォークに座りながらブログを書く!使い方はDVDの動画で分かる

 

ながらウォークの10日間の成果

 

ながらウォークを買ってから10日が経ちました。

 

気に入らない器具なら1日で使わなくなってしまうのですが、

10日間使えています。

 

他の器具とくらべて良いところは設置する手間が何もいらないんです。

 

ワンダーコアスマートですら、アームを上げるという作業が必要ですが、

ながらウォークは置くだけで大丈夫です。

 

床が傷つく心配もないですし、小さくて軽いので、

これらも継続する上でのポイントになります。

 

重量のある器具だと部屋の端に持っていったまま放置してしまいますが、

ながらウォークは片手で持てるので非力な自分でも余裕で持ていますね。

 

3.8キロですから、自分が持っている5キロのダンベルよりも軽いのでね…。

 

10日間座っているだけですが、やっぱり猫背が改善されています。

 

気を抜くと猫背になりますし、胸を張ると息が切れてしまうほど疲れていたのですが

ながらウォークに座り始めてからは、胸を張るほうが身体が軽いんです。

 

座高が高いので、どうしても猫背になりやすくて、

小学2年生のころから姿勢が悪いことを注意されてきました。

 

身体測定のときに姿勢の悪さをクラスの前で指摘されましたからね。

 

その時から歪んでいるわけなので、

20年近くずっと骨盤がゆがんでいたのかもしれないですね。

 

いきなり歪みを改善しようとしても、

数日でもとの悪い姿勢に戻るのは整体で経験しているので、

毎日コツコツ1年かけて、ながらウォークで骨盤のゆがみを忘れさせたいです。

 

小学生からゆがんでいるので、

幼稚園ぐらいの正しい骨の位置になりたいものです。

 

まあそのときは成長期だったので、

身体の構造も違うかもしれませんけどね。

 

sponsored link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ