くびれを作る簡単なエクササイズとは?椅子のような筋トレグッズ!

IMG_2631

くびれを作るためのエクササイズは数多くありますが、どれも長続きしにくく理想のお腹周りを手に入れている人は少ないですよね。

腹斜筋って鍛えにくいことで有名ですからね。

先日購入した筋トレグッズがくびれを作るのにベストなので紹介しますね。

sponsored link

くびれを作るエクササイズ

 

くびれを作るトレーニングは調べるとたくさんありますが、

共通していることは腹斜筋を鍛えることなんですよね。

 

当たり前ですが普通の腹筋ではお腹の前の筋肉しか鍛えることができないので、

くびれとはあまり関係ないのです。

 

腹斜筋をいかに鍛えるかが重要で、

基本的に他で紹介されているものは自重筋トレが多くどれも続かないのです。

 

なぜ続かないと言い切れるのかと言うと、

理想的なくびれがある人って少ないじゃないですか。

 

結局みんなトレーニングするものの挫折してしまうんですよね。

 

続かないトレーニングを覚えて一週間か二週間やってそれで満足してしまうんです。

 

くびれを作りたいという動機だけで、

マットを敷いて家で筋トレやエクササイズなんてやってられないでしょう。

 

かなり太っていて健康的にも影響があるのなら頑張ってダイエットできますし、

食事も制限できるでしょうけど、

くびれを作りたい人は、男性でいうところの腹筋を割りたいという程度の気持ちだと思いますし

諦めやすいのではないかと思います。

 

ワンダーコアツイストで腹斜筋を

 

私が先日購入したワンダーコアツイストは腹斜筋を鍛えるのに最適です。

 

タックツイストという足を左右に伸ばすやり方なのですが、

これを10回やるだけで筋肉痛になりましから。

 

今まで腹斜筋が筋肉痛になるほど筋トレができた試しがありませんでしたが、

ワンダーコアツイストなら、もたれる動作と同じように、簡単に腹斜筋も筋トレをすることができます。

 

筋トレ器具もこれからどんどん研究が進んでいって簡単に楽に鍛えられる器具が出てくるんです。

 

アスリートならきつい筋トレをして精神面を鍛えることは大切かもしれませんが、

単にくびれを作りたい人は、別に精神なんてどうでも良いと思っている人がほとんどでしょう。

 

それにも関わらず原始的なトレーニングをするのは無駄以外の何者でもないと思うのです。

 

スポーツが仕事なら十分に筋トレに時間を使うこともできるかもしれませんが、

一般的な社会人が毎日筋トレに3時間も費やすことは難しいですからね。

 

楽にすぐ終わって効果のあるトレーニングを選ぶ方が継続しやすいです。

 

腹斜筋は鍛えにくいですし、そのくびれを維持しようと思ったら、

継続的に筋トレをしてメンテナンスをしなければならないので、

つらい筋トレだったらすぐにくびれがなくなってしまうでしょう。

 

だからこそ理想的なくびれがある人が少ないのです。

 

筋トレグッズを買っても続かないのはその器具が大きかったり使いにくいからで、

ワンダーコアツイストは小さいですし軽いので、放置される可能性は少ないと思います。

 

立てかけられますし、隙間に滑りこませることもできるので、邪魔にならずに

クローゼットに閉まってしまって、忘れてしまうこともないでしょうからね。

 

sponsored link

 

座った体勢でできるので楽

 

ワンダーコアツイストで腹斜筋を鍛える場合は、座ったまま足を動かす体勢なので、

サイドクランチのように身体を横にするよりも体勢的に楽なんです。

 

座椅子に座って足を上げるようなのをイメージしていただければいいと思いますが、

サイドクランチの筋トレだと寝そべらないとダメであり、

それよりも座ってできたほうが楽ですよね。

 

やっぱり頭が上にある状態の方が安定しますし、

ボードもあるので回りやすく足をちょっと横に交互にするだけでいいのです。

 

今までの腹斜筋の筋トレってどれも家でやるには大層であり、

時間もかかるし、なによりしんどかったのですが、ワンダーコアツイストなら全て改善できます。

 

sponsored link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ