新作のワンダーコアツイストとスマートの違いは?腹斜筋が鍛えられる!

IMG_2670

先日ワンダーコアツイストが家に届いたのですが、スマートも家にあるので違いを比較してみました。

やっぱり特徴としてはボードが付いていることですよね。

大きさも横に並べて比べてみましたよ。

腹斜筋へのトレーニングを重視するのならツイストが良いと思います。

sponsored link

ワンダーコアツイストが家に届いた

 

7月13日に自宅にワンダーコアツイストが到着しました。

外箱はこんな感じです。

IMG_2603

中箱はブルーですね。爽やかで夏っぽいですよね。

IMG_2616

IMG_2623

取り出して見ました。

 

 

IMG_2631

 

中身はワンダーコアツイスト本体と取扱説明書とエクササイズガイドとバンドの4点です。

 

今回もスマートと同様に、組み立ては不要なので、

買ってからすぐに使えるのは魅力的ですよね。

 

組み立てるのに30分とか、かかってしまうと

トレーニングする気もなくなってしまいそうですし…。

 

バンドが2枚入っています。

IMG_2637

IMG_2639

このバンドはツイスト運動をするときに、アームを固定できるんですよね。

全面マジックテープになっているので、簡単につけられます。

IMG_2644

IMG_2641 (1)

巻いておくだけで、固定されるので、安定感は十分ありますね。

 

スマートとの比較

 

ワンダーコアツイストは座面が広くなっているのが特徴ですね。

奥行きを測ってみると6cmほどツイストの方が長かったです。

座面の奥行きはスマートが約35cmでツイストが約41cmでした。

 

ですがアームと座面の距離がツイストの方が短いので、

全体の縦の大きさは4.5cm程度しか変わりませんでした。

 

スマートが約45.5cmでツイストが約50cmでした。

横はどちらもほとんど同じで51~52cmです。

 

ちなみに私がメジャーで測った数値ですので、

多少の誤差はあると思いますのでご了承ください。

 

 

ティッシュ箱と比較してみました。大体大きさが想像できるでしょうか?

 

まあ収納に関しては、

本家のワンダーコアの大きさに比べるとこの2つは誤差の範囲ですので、

ほとんど変わらないのではないでしょうか。

 

スマートになって変わったのはツイストボード以外にも、負荷の目盛りがついたことです。

IMG_2671

これって地味にすごいパワーアップなんですよね。

 

スマートだと目盛りがないので、回しまくってもどれぐらい負荷が強くなっているのか

もたれた感覚で確かめる方法しかなく、左右が均等かどうかも分からなかったのですが、

目盛りがついたことで、目視できるようになりました。

 

スマート時代は何度も負荷が定まらず、しつこいぐらい回しまくっていたのですが、

ツイストなら目盛りを確認できるので、気にする必要性はありません。

 

ワンダーコアツイストの公式サイトはこちら

 

トレーニングの性能はツイスト

 

トレーニング性能については、

スマートよりも遥かにツイストの方が私は良いと感じています。

 

ツイスト運動ができることも、もちろんなのですが、普通のクランチについても、

ツイストの方が良いと感じています。

 

ツイストボードがついていて座面が高くなっているので、

身体により優しいような設計になっているように思いますし、

座り心地もより椅子感覚が出ています。

 

スマートだと地べたに座っている感がありましたが、

ツイストは椅子っぽさが上がっているんです。

ツイストボード分の差ですが、全然違いますよ。

 

sponsored link

 

またスマートだと腹筋に

「本当に効いているのかな?」

なんて時もありましたが、

ツイストは負荷の目盛りが弱い時でも、

上から下まで全体を鍛えてくれます。

 

スマートの場合はツイスト運動を本格的にするのなら、

ツイストボードを別で購入する必要性があったのですが、

そんなバラバラになっていたら、いちいち設置するのも面倒じゃないですか。

 

最初から一緒になっていれば、

ツイストボードをなくしてしまってトレーニングができなくなる

なんてこともなくなりますしね。

 

クランチの後にツイストをしたくなったら、

目盛りを弱くして、

アームをおろして、

バンドで固定すればいいだけですから。

 

またバックツイストというやり方ならアームを上げたままツイスト運動ができるので、

アームを降ろさなくても腹筋、背筋、腹斜筋の全てを鍛えられます。

 

腹斜筋のトレーニングが豊富なので、

今まで鍛えたくても鍛え方が分からなかったり、

難しくて挫折していた人には良いのではないでしょうか。

 

sponsored link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ