ニートは毎日がつまらない?「人生に疲れた」と言って後悔しないように!

b303ea36f513ff48a08acf61757b8bfd_s

私は一時期ニートのような生活を送っていたのですが暇すぎてつまらないですし

生きがいもないので逆に辛かったですね。

「人生に疲れたわ」なんて毎日のように言って2年以上無職で過ごしましたが

その後、ニートをしていた時期を非常に後悔することになりました。

ニートの日常は面白くない

 

私は大学受験に落ちた後、大学に行かずにニートのような生活を送っていたのですが

働いたことがなかったので働かずに生活できている自分が一番幸せだと勘違いしていました。

 

ニートって本当に暇なんですよ。

 

そして暇つぶしできることも限られているじゃないですか。

 

例えば一度も働いたことがなかったので、金銭的にも親から少しもらう程度になってしまうので

1ヶ月1000円程度でやっていかないとだめなんですよね。

 

1ヶ月1000円って本当に何もできないですよね。

外食はできないですから…。

 

当時の金銭感覚的に、牛丼やラーメンでも高級料理のような感じで

とても食べに行けるようなものではありませんでした。

 

月1000円を何に使っていたのかも覚えていませんね。

というよりあの2年間私は一体何をしていたのかも記憶が…。

 

お年玉まで待たなければならない

 

ニートをしているとお年玉で1年を通して生活しているようなものなので

お年玉を1年間でどうやって使うかが重要なんですよね。

 

ただ私は計画性が皆無なので1月で全て使ってしまうんですよ。笑

 

だから1月だけは大学生の友達とかと遊びに行ける唯一の時期だったんですよね。

なので12月とかのお年玉間近の時は楽しみで仕方がなかったんです。

 

ですが私の家庭は大学卒業の年以降はお年玉はもらえないので

23歳以降はもらえないんです。

 

ニートをしていたのが21歳と22歳だったので

ギリギリセーフだったという訳です。

 

sponsored link

 

コミュニケーション能力の低下

 

家にずっといると、喋るのは親や兄弟がほとんどなので

我慢をする機会が極端に少なくなります。

 

なので忍耐力が低下していきます。

 

また普段は他人と喋る機会がないので

外で話すことに抵抗感を覚えてコミュニケーション能力が落ちていきます。

 

働いていないという劣等感が

更にコミュニケーション能力の低下を促進することになり

ニートなのですが引きこもりに近い状態にもなります。

 

ニートだと引きこもらざるを得ないような気がします。

だってお金がないですし、外に出てもできることが限られていますよね。

 

大学生の友達はアルバイトをしている人も多く

同年代と遊ぼうと思っても金銭的な理由で行けないことも多いでしょう。

 

毎回奢ってもらう訳にもいかないでしょうからね。

 

sponsored link

 

プライドが高くなる

 

働いていないのにもかかわらず、プライドだけはどんどん高くなってきて

自分の存在を客観視できなくなります。

 

引きこもっていることが多いので精神的にも不安定になるので

イライラすることが多く、心が荒んでいくでしょう。

 

未来を考えるのが怖いので、昔のトラウマや嫌なことばかり考えるようになり

「自分ではなく他人のせい」というような考えになってしまいます。

 

親も家では引きこもっている子供を王様のように扱うので

プライドは有頂天になりますが

ひとたび外に出れば一瞬でそのプライドは砕けてしまいます。

 

ニートだった時間を激しく後悔

 

大学卒業と同時に同年代が就職し始めてから

私は大きな危機感を覚えました。

 

どこかで俺も働かなければ

まずはバイトでもいいから働いてみたい

という気持ちが出てきました。

 

そして2年間もニートをしていたことを激しく後悔しました。

 

「俺は毎日家の中で何もせずにぼーっとすごして、時間を本当に無駄にしていた」

「頑張って外に出て今を楽しんで生きていくようにしよう。まだ間に合うはずだ!」

このような考えになりアルバイトですが仕事を探すことにしました。

 

スポーツジムで働き始める

 

外で働くのは怖いのですが、当時の生活から脱出したかったので

スポーツジムでアルバイトの面接を受けることにしました。

 

合格して働くことになりましたが

周りは大学生やフリーターの方がいて優しく接していただきました。

 

そのアルバイトで働き始めたお陰で次第に自分に自信を取り戻すことができるようになって

給料ももらえるので、生活の幅が大きく広がりました。

 

たとえ仕事でも、毎日行くところがあるというのは安心感が半端じゃないです。

以前は1ヶ月先まで、1年先までほとんど予定がないような日々が続いていたんですよね。

 

アルバイトですが週5で働いていたので

社会に参加している感覚が出てきました。

 

スポーツジムなので、会員さんも気さくな方が多いので

人と話す機会が多くて、高校生のころの自分に戻ったように明るくなりましたね。

 

sponsored link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ