東京の一人暮らしの孤独からの鬱を解消する方法!社会人になって成長した

bd071cb85e7a5156ed24618520d16e3c_s

東京で半年一人暮らしをしていて、

人と話さない仕事なので、もう2ヶ月以上も誰とも喋っていません。

最初は孤独で鬱状態になり、どうにかなりそうでしたが

現在は解消できて楽観的に生活できています。

社会人になったら一人暮らしをして孤独を味わえば成長できますよ。

 

sponsored link

人と話してないと精神的にきついが乗り越えた先に

 

人間は基本的に1日1回は誰かと話すものだと思います。

 

私も家族と暮らしていた時は、

受験生だった時や仕事が忙しい時でも少しは話していましたし

誰とも話さないなんて時はありませんでした。

 

ですが、東京にきてからは、現在の仕事は基本的には家でしていますし

誰とも話さない期間が続いています。

 

だれとも喋っていない時間がずっと続いていくと、本当に孤独で辛くなってきて

仕事のやる気も起こりませんし、家に引きこもっていたくなります。

 

最初の1週間ぐらいが辛くて、2週間目はもっと辛くて

泣きそうになっていましたが

この孤独も私を成長させてくれるのかもしれないと前向きに捉えるようにしました。

 

誰とも話さずに、ずっと修行をしているお坊さんもおられることをその時知る機会があって

私の孤独感など本当に小さな取るに足らないことなのだと思いましたね。

 

不眠不休で修行をされて何ヶ月も一人で過酷な修練を重ねておられる方がいるのに

家もあって、冷暖房もあって、仕事もあって、毎日ごはんも食べれるのに

甘ったれすぎていると実感しましたね。

 

これは自分のメンタルの弱さからきているので、

自分の精神面を鍛えるためにあるのだと感じるようになりました。

 

そうすると一人でいることが辛くなくなります。

 

一人でいると過去のことを考える

 

ただ一人で誰とも話さないと、

未来のことよりも過去のことを思い出すことが多くなってしまいまいました。

 

例えば昔の嫌な思い出とかがいきなり脳裏に浮かぶことがあります。

 

受験生で一人で勉強している時もよく昔のことが頭から出てきていましたが

やっぱりずっと一人だとそういう風になるんですかね?

 

仕事が捗っていないときとかに考えてしまいますね。

 

ただこの状態は精神衛生上、絶対に悪いので

断ち切って未来のことを考えるようにしていますね。

 

sponsored link

 

一人でいることのメリットをみつける

 

一人でいることはマイナス面ばかりが目立ちますが

一人でいるからこそできることもあります。

 

例えば外食が減るので、自炊をする機会が多くなりました。

節約を意識しなくても、外食をしていた時よりも遥かに、節約できていますし

そのお金で新鮮な無農薬の野菜を買ったり、少し高い卵を買ったりしています。

 

お米も4キロ4000円ほどする良い玄米を買うことができました。

多分米とか食材って少し高級なものを買ったほうが良いと思います。

 

だって安い米を買うと、どうしても味が落ちますし、

家でご飯を食べるのが楽しくなりますからね。

 

家の食材を少し高級にすると、料理をする気になりますからね。

 

高級な食材を買っても毎日外食の半分以下の出費で済んでいますよ。

 

また一人でいるということは、

本を沢山読む時間や勉強をする時間がありますよね。

 

私は本を読むのが好きですし、勉強も好きですから、

時間をたっぷり使うことができます。

 

健康本や節約本を読めば、新しい発見や試してみたい料理がみつかりますから

そんなのを自分で作っていけば料理の腕も上がりますし、節約で健康になれますよね。

 

また一人でいれれば自分を見つめなおす時間を取ることができます。

今までのことを振り返って客観的にみれると自分の弱点や強みを見つけて

これからの人生に活用できますよね。

 

弱点があるのなら、そこを補うために自分を変える努力をすることができますから。

 

sponsored link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ