断食中は飲み物だけでした!コーヒーと野菜ジュースを飲む?

先日72時間の断食生活を終えたのですが、断食中は飲み物だけで生活しました。

 

コーヒーや野菜ジュースを飲んでいたのですが、空腹の感じはどうだったのでしょうか?

フラフラしなかったのかなど細かく書いていきますね。

 

sponsored link

断食中は飲み物があれば簡単

72時間の間一切何も食べないのは辛いと感じる方もいるかもしれませんが、飲み物に対する制限をかけなければ全く辛くないですよ。確かに水だけで72時間だとよっぽどハマっていることや忙しさが必要かもしれませんが、飲み物の制限がないのなら簡単です。

 

例えば飲み物といってもたくさん種類がありますよね。普段ジュースはそんなに飲まないのですが、フルーツ系のジュースとか、炭酸水とかを飲むと、別に食事を取らなくても口が寂しくならないんですよね。

 

今回は炭酸水は最終日しか飲んでいないですが、結構胃が膨らむので、空腹を感じているときはいいかもしれません。

 

朝は野菜ジュースで昼はコーヒー

 

今回は1リットルの野菜ジュースと、トマトジュースを買ってきて、朝起きて、朝食代わりに飲んでいましたね。日中の仕事中は水とコーヒーを飲んでいました。濃い目のブラックコーヒーを飲むと美味しくて空腹を忘れられます。

 

他にも、紅茶とかカフェオレとか麦茶とかを飲んでいましたね。カフェインばかりだと気になるので、麦茶などの、ノンカフェインを飲むようにもしていました。麦茶って飲むのなんて中学生ぶりぐらいでしたが、結構おいしくてアリですよね。

 

飲み物があれば、楽しく断食をすることができます。

 

飲み物は自由にしないともたない

 

流石に水だけでするのは私も無理です。朝の野菜ジュースの楽しみや、コーヒーを飲みながらリラックスする時間があるからこそ、食べずにいることができましたし、この飲料による余暇は失うつもりはありません。

 

水以外は悪だという考えの人もいますが、あまり極端な考え方もどうかと思っています。コーヒーブレイクの時間は必要で、やっぱり仕事中にパフォーマンスが上がりますしね。私はロビーでコーヒーを飲む時間が好きなので、そこで水しか飲まないというのはあり得ませんね。

 

固形物を食べないだけでも十分に断食のデトックス効果はありますし、ダイエット的にも十分な成果につながっています。断食しているときは、心の余裕が持てていますよね。普段他の人が、昼食を食べている時間に、ササッと書類などを整理しておくと、午後の仕事がスムーズになりますし、食べていないので集中力も切れません。

 

むしろ午後5時まであっという間で、仕事が早く終わっても、もっと仕事ができるぐらいの余裕が残っていました。これは1日3食を、食べていた時には得られないほどのことです。

 

目標は1週間の断食

 

私の目標は1週間断食をやりきることです。そして、いつの日か2日1食を定着させて、超少食生活を実現したいですね。そのために、少しずつ断食回数を増やしていきたいと思っています。

 

こんな話を聞いて、不健康だと思う人もいるかもしれませんが、絶対食べない方がいいんですよ。

 

何十年も食べていない人もいてその人達は健康そのもので全く病気にすらなってないんです。もちろんその領域まではいくつもりはないですが、少食な方が絶対に幸せになれると思っています。

 

食べると、食費が凄くかかりますが、食べない人は食費がかかりませんし、節約がドンドン進めばすごく楽な人生が待っているんですよ。

 

今までイライラしていたのことが、下らないことであるかのような世界に私は行きたいと思っているので、この超少食生活を楽しんでみたいと思います。

 

食べないというのは、すごく変化をもたらすので、怖いと感じる人もいるかもしれませんが、食べなくても健康でいられる理屈を分かっておけば楽観的に空腹と付き合うことができると私は考えています。

 

コーヒーはやめたほうがいいかも

 

ただ断食中にカフェインを摂るのは良くないそうなので、もし断食をしようとしているのならやめた方がいいでしょう。

 

私もこの話を聞いてから、コーヒーや紅茶などカフェインが入っているものは避けて、ルイボスティーや麦茶などで代用しています。

 

味噌汁を飲んだりすると塩分摂取もできるのでいいですよ。

 

まあ私の断食のやり方は独自のものなので参考にはならないでしょうね。

 

もし断食をやる方は正しいやり方を学んで、自己責任でやってくださいね。

急に断食をして体調を崩される方もおられるそうですから…。

 

sponsored link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ