1日1食の太る説は嘘?1週間以上やってみた効果!

a847f4b2667350e1ec24db3da1bde29a_s

1日1食は逆に太るという説がありますが本当なのでしょうか?

実際に1日1食生活を1週間以上続けているので、

その効果について紹介します。

痩せることはなく体重は増加してしまうのでしょうか?

1日1食は健康に良い?

 

1日1食生活は健康に悪いという説がありますが、

私は健康に良いと思っていますし、そう実感しています。

 

1日3食しっかり食べるという文化が今の日本には定着していて、

それが古来から続いているような雰囲気がありますが、

江戸時代よりも前の時代は1日2食が当たり前の時代だったのは有名な話です。

 

実際に今の食事は栄養が多すぎるぐらいで

昔の1食とは栄養価値が違うと思いますから、

1日1食でもしっかりとバランスよく食べれば

健康的に全く問題ないと考えています。(あくまで私個人の考えです。)

 

私は、朝と昼を食べずに、夜だけ食べるというスタイルです。

 

そんな生活で日中、体力が持つのかと思われそうですが、

食べない方が、ばてずに集中できるので、私は食べないです。

 

多くの優秀な人は少食の人が多く1日1食の人もおられます。

 

それで長生きしている人もいるのです。

 

逆に1日3食を、しっかり食べて病気になるという事実を少食健康法と比較対象として伝えても

誰も納得しないのはなぜなのでしょうか?

 

sponsored link

 

太るのはやけ食いが原因のはず

 

1日1食を続けていて太るというのはありえないのではないでしょうか?

 

長期間続けていくと小さな体重の増減で、

少し増えることはあるかもしれませんが、

そんな激太りなんてことにはならないはずです。

 

ただ一時的な1日1食生活で、その後3食に戻すのなら、

その反動で太るのかもしれませんが、

ずっと続けていれば太るわけがありません。

 

現に私は1日2食以下で抑えていますが、

このような生活を始めてから太ったことは一度もありません。健康そのものです。

 

sponsored link

 

1週間の効果はあったのか?

 

1週間1日1食の効果については、

もしあなたが1日3食を普段からしていたのなら、

間違いなく胃袋が小さくなっていますね。

 

私も最初の1日1食の目標期間を達成した時に、

「今日は食べるぞ~」と思って10日間の1日1食の低カロリー生活の後に、

たくさん惣菜を買ってきて食べようと思ったら、

いつもと同じ量を食べたときに、すぐにお腹いっぱいになってしまったんですよね。

 

そしてもう食べれないという状態にすぐになって

残りの惣菜を冷蔵庫にしまいました。

 

これは1日や2日の1食生活では得られないのではないでしょうか?

 

この胃袋が小さくなるというのは、ダイエットにもかなり生かせますよね?

 

だって胃袋が小さくなったら食べたくても、食べれないので

必然的にダイエットが継続できるではないですか。

 

なのでこのような少食健康法は短期ではなく

長期的にやっていくと効果が上がっていくと思います。

 

そして1日1食を続けていくには、

食べること以外に楽しみを見るける必要があるでしょう。

 

食べないと暇なんですよね。

 

この暇な時間をいかに他の事に没頭できるかが、

少食の健康法の成功にかかっていると思っています。

 

暇さえ潰せれば大丈夫です。

暇で時間を持て余すと食べてしまうんですよね。

 

健康面での効果については、

花粉症の改善、集中力の増加、食費の節約、疲れにくい、などですね。

 

多分他にもあるのでしょうが、

私は10日目で感じた主な効果はこんな感じですね。

 

2日に1食とか全く食べない人もおられるので、

もしそんな風になれたら食費が一切かからないので、

楽な人生になるなと思って笑みが止まりませんね。

 

1日1食を苦しい事として認識するから修行のような感じになり、精神的にも良くないですが、

楽しむ余裕をもってすると、本当に新しい自分に出会うきっかけになります。

 

私も以前は食べることが唯一の楽しみで、

毎日食べることばかり考えていた人間ですが、

しっかりと少食の理論を理解しメリットを認識すると

自然とその領域を目指そうとするんですよね。

 

sponsored link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ