朝食抜きダイエットの健康効果がすごい!花粉症や喘息が治った?

a7ba869a478bf9b9afa7cea1d5e10dbe_s

朝食抜きダイエットをやり始めたのですが

ダイエット以上に健康効果が素晴らしかったです。

アレルギーや喘息がマシになったような気がするのですが…

思い込みかもしれないので色々検証してみました。

朝食抜きは健康に良い?

 

朝食を食べないなんて不健康極まりないなんて

一昔前ではよく言われていましたよね。

 

実際私も朝食を食べないと父親から不健康であるとよく言われてものです。

 

しかし最近朝食を食べない方が健康に良いなんていう本などもたくさん出ていて

どちらの方が正しいのか分かりませんよね。笑

 

どちらの理論を見てみても

正しいように感じてしまうので

実際にどちらもやって自分の身体に合っている方を

続ければいいのではないかと考えました。

 

今まで毎日朝食を食べていたので

朝食ありの生活はもうずっと実践してきています。

 

なので朝食を抜いてみたら比較ができるので

早速朝食を何も食べずに仕事に出かけてみました。

 

sponsored link

 

朝食を食べないと体に悪いという固定観念があったので

朝食を食べない方が健康に良いという本を何冊か読んで

しっかりと理解したうえで朝食を食べずに過ごしてみました。

 

朝食を食べなかったところ

午前中の仕事の能率、集中力が非常に高まりました。

 

これは本当に嘘ではないです。

確かに最初の数日は慣れていないこともあり辛かったのですが

慣れてくると逆に朝食を取らなくてもいいので時間に余裕を持たせることができますし

経済的にも朝食分が浮くので時間的にも経済的にも助かりました。

 

久しぶりに朝ご飯を食べたりすると逆に身体の調子が悪いんですよね。

なんだか体が重くてぼーっとしてしまいます。

 

また朝食を抜いて間食を控えたところ、

慢性的なアレルギーや持病のぜんそくがマシになったような気がします。

 

食べ過ぎていた時は、ぜんそくが出て

「ぜーぜー」と息がしにくい時が多かったようにも感じます。

 

鼻水に関しては本当に減りましたね。

高校生のころ1日2食にしたら花粉症が治るよ~

なんて話を聞いて三日坊主で終わったのですが

本当にアレルギーがマシになりますし

私の先輩が1日1食にしてから花粉症が治ったという報告もあります。

 

私は基本的にいつも鼻水が出ていて

ティッシュが必需品の人なんですよね。

 

掃除とかしていて

布団のホコリをもろに浴びたりしたら

1時間で1箱ティッシュを使い切ってしまうとか

頻繁にありますよ。笑

 

なので一人暮らしの平均の倍以上のペースでティッシュがなくなるのですが

朝食を食べないようにしてからティッシュの減るスピードが本当に落ちました。

 

そういえば最近ティッシュ全然使ってない

まだ3箱も残ってるじゃん!

っていうのが最近もありました。

 

鼻炎で手術をしようかどうか迷うほど悩んでいたのですが

手術なんてしなくても少食を心がければもしかしたら乗り切れるかもしれません。

 

sponsored link

 

実際朝食抜きはもう1年以上?

かなりの長期でやっているので

体重も50キロ台に落ちてダイエットも成功しましたね。

 

ダイエットと言っても私は元々平均ぐらいの体重なので…

それでも体重が落ちるということは、太っている方なら結構痩せるかもしれませんよ。

 

コツとしては朝食否定系の情報を手に入れることですね。笑

朝食が不必要である理由を論理的に書かれていると

朝食に対する考え方が変わっていきます。

 

私自身そういった本を読んでいないと

朝食抜きなんて絶対続いていません。

 

健康に良いという理由をしっかりと理解して

実践するからこそ続けられると思うんですよね。

 

朝食を食べないでよかったら

ギリギリまで寝れますからね。笑

 

朝は誰でも忙しいはずですし…

 

朝食抜きは本当にオススメでデメリットが全然ないんですよ。

デメリットがあるなら教えてほしいですね。

 

地味に朝食代が浮くのが

節約好きの私には有り難いです。

 

喫茶店でコーヒーとパンのモーニングを注文したら

余裕でランチ代ぐらいになりますからね。

 

朝食抜きにしたら

ランチ代が1ヶ月浮き続けると考えたら笑みが止まりませんよ。

 

その浮いた分でランチを豪華にしたりもできますし。

実際私は昼食は以前よりも良いもの食べるようになりましたよ。

 

食事の回数を減らして食事の質を上げていくのが楽しいです。

 

sponsored link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ