腹筋ローラーを毎日した結果!筋肉痛で効果がヤバイ?

20150410043416

 

腹筋ローラーを毎日したら筋肉痛がきつすぎるという結果になりました。笑

でもその効果は早くも出始めているかも…。

自分の限界の回数や効果があった場所などについて考えてみました。

腹筋の筋肉痛がヤバい!

 

腹筋を簡単に鍛えられる方法はないかと思い色々調べてみたところ

ワンダーコアなどが出てきたが、なかなか予算的に厳しいので

腹筋ローラを買ってみることにしました。

 

1000円ぐらいでかなり腹筋に効果があるので

コストパフォーマンス的に一番良いとオススメされたので

早速通販で購入してみました。

 

とりあえず立ちながらぎりぎりまで

膝や上半身を地面に着けずに

起き上がってみました。

 

立ってするのは一度が限度で

その後は膝をついて腹筋ローラを試してみました。

 

立って1回、膝をついて10回ぐらいやったでしょうか。

腹筋に効果があるのがやっているときに分かっていたので

今日はこのぐらいでいいか!

と思い軽くストレッチをして1日目は終了。

 

2日目、普通に布団の中で腹筋に張りを感じ起き上がってみると

起き上がりにくい…

腹筋がめっちゃ痛い…

信じられないぐらいの筋肉痛になっていました。笑

 

本当に今までやっていたクランチの腹筋が

何だったんだと思うぐらい簡単に筋肉痛になりました。笑

 

これだけ簡単に筋肉痛になるなら、

簡単に腹筋を割ることができると確信しました。

 

これだけの効果があって1000円前後って…

今まで一万円以上払った器具よりはるかにいい。笑

 

腹筋は筋肉の回復力がスピーディーなので

毎日やってもいいのですが、

2日目は1日目と同じぐらいやると

次の日立てないと思い2回ぐらいに留めておきました。笑

 

立てなかったら会社を休まないといけませんからね。笑

筋肉痛で会社に行けません!

なんて言ったら上司に怒られちゃいますし。笑

 

3日目もひどい筋肉痛でした。笑

この日は1回だけにとどめて休めることにしました。

(一応毎日継続はしている。笑)

 

4日目、大分、筋肉痛が治まってきたので、

再び膝をついて、腹筋ローラを40回(20回×2)やってみました。笑

さらに立ちながらを1回!(これは連続でできない。笑)

 

次の日休みだったのでどうなってもいいと思い腹筋をいじめてやりました。笑

 

フローリングの上のラグでやってたのですが、

腹筋以上に膝が痛かったです。笑

 

腹筋よりも先に膝が限界を迎えて4日目の金曜日を終了しました。

4日目からの課題としては、膝の負担をどうするか…

ということになりますね。

 

私の部屋にはじゅうたんがないんですよね。笑

布団と座イスとラグしかありません。笑

 

布団で筋トレするのは気が引けるのですが

膝の痛みを解消するためには布団の上に膝を置く以外に選択肢はありません。笑

 

フローリングの上で腹筋ローラをすると

本当に膝が痛いので、何か柔らかい場所でやることをオススメします。

 

ですが実家の畳でやった時は畳が傷みそうなので

ローラーを回す場所はフローリングで膝だけ

柔らかいところ、というのが一番よさそうです。

 

つまり布団だけ膝に乗せて、

フローリングの上で腹筋ローラーを転がす!

 

膝の痛みは腹筋ローラーの継続性で一番重要かもしれません。

 

立ちながら何度もできるようになれば膝の悩みは消えるのですが。笑

それぐらい腹筋が強くなるように日々努力ですね。

 

まあ話を戻しまして、4日目はかなり追い込んだ結果

見事5日目も筋肉痛になりました。

 

ただ最初の筋肉痛ほどではないので、

もっと追い込めたのかもしれません。

 

5日目は早速布団の上に膝を置いて

腹筋ローラーをしてみました。

 

布団の上でしてみると

膝の痛みが全くない!!笑

 

悩みが解決した瞬間でした。笑

 

今までラグの上でやっていたのは

膝に対する修行かと思うぐらいの

大きな差がありました。

 

膝の痛みから解消されたことで

この日は様々なことが見えてきました。

というのも左の腹筋ばかりが鍛えられているような気がしたのです。

 

筋肉痛も左のほうが少し強いような気がします。

人間の身体は常にずれているもの

なんて話は聞くので左右を完全に均等に鍛えることは不可能だと思いますが

明らかに左にばかり負担がかかってると思ったのでフォームの訂正を考えていくことにしました。

 

まず腹筋ローラーを転がす前に膝に左右均等に体重をかけ

転がしているときもしっかり体幹を意識するようにしました。

 

これだけですが、大分均等に鍛えられているような気がします。

というのも5日目以前までは、左右の体重などは全く意識せずに勢いだけでやってましたので。

 

前に転がすだけで、左右が同じぐらい鍛えられると信じていましたし、

そんなにすぐに左右のズレを感じるとも思ってませんでした。

 

私は筋トレをするときいつも左右のバランスが気になってしまいます。

というのも左右のバランスが崩れると骨のバランスも崩れますよね。

 

腹筋が左右非対称に鍛えられると背骨がズレて体全体のズレにつながる

こんな恐怖感が腹筋ローラー開始5日目で起きてきました。

 

以前までの私ならここで非対称に鍛えられるなら

筋トレやらないほうがマシ!

という結論に達して筋トレ自体をやめてしまうのですが、

とりあえず3週間は続けるつもりだったので

その後6日目と7日目も継続しました。

 

sponsored link

 

また左右だけでなく前後のバランスも気になり始めました。

腹筋ばかりこれだけ鍛えると背筋とのバランスは大丈夫なのかと考えました。

 

これだけ腹筋を効率よく鍛えられると、

普通に背筋をしていては追いつかないですよね。笑

 

腹筋ばかり鍛えると前かがみの姿勢になりやすいと聞きますし。

 

ただここで背筋をメニューに追加してしまうと絶対に続かなくなると思いました。

 

というのも今まで、筋トレを始めて、途中からあれもこれもとメニューを追加していくことにより

1日のメニューが多くなってしまい、こなしきれなくなり筋トレをやめてしまう事が何度もあったからです。

 

なので背筋は気になりますが、腹筋ローラーのみに絞ることにしました。

 

6日目と7日目はそんな葛藤があったので

膝をついて10回程度にとどめておきました。

 

8日目に会社での重要な会議もこの時に重なったので、

腹筋の筋肉痛でしゃべれなくなると

冗談じゃ済まないので。笑

 

会議の後、同僚との食事を済ませて、

腹筋ローラーにはまっていることを話すと

彼も筋トレをしているとのこと。

 

しかも種類は違いますが腹筋ローラーをしていたんだとか!!

コツを聞いてみると、プロテインなどを摂取すると

効果が高まるんだとか。

 

なので8日目の帰りに早速ザバスのプロテインを買ってみました。

久しぶりのプロテインでモチベーションが上がりましたね。

 

やはりプロテインを飲んでいるんだから

効果を出さないと!

という気持ちになるので。笑

 

ただプロテインはあくまで補助的な存在であり

腹筋ローラーを続けることが目的です。

 

9日目と10日目は30回ずつ腹筋ローラーをしました。
とりあえず休みの日の前日までエネルギーを貯めておきます。

 

11日目がついに待ちに待った金曜日!

もう土曜日はどうなってもいいと思い

夜の9時ぐらいから、

音楽をかけながらダラダラと何回もしました。笑

 

あと5回、寝る前にあと5回、というのを何度もした結果

12日目はマジで起き上がれないほどの筋肉痛に。笑

 

咳、笑うなどの動作がかなり腹筋に響きます。笑

 

この状態でさらに腹筋ローラーを継続すると

肉離れになるのではないかと思い12日目にして

初めて腹筋ローラーをお休みしました。

 

sponsored link

 

ということで11日間毎日腹筋ローラーをした結果

かなり効果があることが分かりました。

 

とりあえず3か月間することが最終目標なので

1か月経ったらまた成果をご報告しますね。

 

腹筋ローラーの関連記事はこちら

腹筋ローラーは効果ない?期間や膝の痛みについて!

腹筋ローラーにお腹のダイエット効果はある?女性のやり方について!

 

 あとがき

 

この腹筋ローラーをやっていた時期から1年半が経過しました。

 

腹筋ローラーは3ヶ月ほどやってその後はワンダーコアシリーズをやったりして

腹筋をずっと1年半鍛え続けているんですよね。

 

私の筋トレの目的を改めて考えてみると

○筋肉を付けること

○痩せること

の2つなんですよね。

 

そして私は現在は筋トレをすることから引退しました

 

筋肉を付けるのには、

スレンダートーンという巻いているだけで

筋肉痛を起こしてくれるものがあります。

スレンダートーンの効果や期間について!口コミってどう?

 

そしてダイエットとして

ルイボスティーを水分補給として飲んで痩せてきました。

ルイボスティーのダイエット効果の口コミ!期間はどのぐらいかかる?

 

スレンダートーンとルイボスティーがあれば

筋トレをする必要がなくなってしまうので

筋肉を付けて痩せたい人は絶対におすすめです。

 

sponsored link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ