エアコンでドライと冷房はどちらが節電?除湿の電気代がすごい!

a21fb2f520923aa151963c3df1217724_s

 

エアコンでドライと冷房はどちらが電気代がかかるんでしょうか?

最近は電気代が高いですから

できれば節電したいですよね。笑

除湿は冷房よりは安そうですが…。

エアコンの電気代を調べてみました。

sponsored link

ドライと冷房はどちらが高い?

 

夏になるとクーラーをつける機会が多くなりますよね。

そんなときに気になるのがやはり電気代ですね。笑

 

夏休みにエアコンをつけっぱなしにしてて

電気代をみてゾッとしたことないですか?笑

 

できれば夏の電気代は抑えつつ快適に過ごしたいものですが…。

 

一般的には除湿のほうが

冷房よりも安く経済的だと思われていますよね。

 

今日は蒸し暑いからドライでいいか!

なんて話している人も少なくないんじゃないでしょうか。

 

ですが場合によっては除湿のほうが冷房よりも電気代がかかるんだとか。

 

というのも除湿には

再熱除湿

弱冷房除湿

という2種類があります。

 

エアコンによってどちらの除湿なのかが

決まっているんですよね。

 

そして何より大切なのは

再熱除湿は電近代が冷房より高いんです。

 

さらに冷房よりも弱冷房除湿よりも冷えないんです。笑

 

つまり電気代を抑えたいなら冷房か弱冷房除湿ということになります。

弱冷房除湿は冷房よりも電気代が安く節電にはいいですね。

 

ただその名の通り弱い冷房という意味で

除湿機能が冷房より優れているというわけではないんですよね。

 

というのも温度を下げると必然的に湿度が下がるんですよね。

 

温度が高いと湿度が上がる傾向にあります。

 

つまり、

夏がじめじめ蒸し暑く湿度が高く

冬がカラカラしてて湿度が低い

というのはあたりまえなんですよね。

 

冬でも雨の日のほうが寒さがマシな日あるじゃないですか?

夏は雨の日のほうが暑苦しいですよね?

 

話を戻しまして、夏にうまく節電するには

弱冷房除湿にするのがお勧めです。

 

sponsored link

 

ただ部屋が暑すぎる場合は

冷房で一気に冷やしてから

設定温度を上げて現状維持というのが効果が高いです。

 

また扇風機などを併用すると、

冷房が弱めでも体感温度は低くなります。

 

ただ睡眠時は冷房と扇風機は併用しないほうがいいんだとか。

身体が冷えすぎる危険性があり、

特に扇風機を足元に当て続けるのは非常に危険です。

 

仮に扇風機をつける場合は、タイマーなどを設定してくださいね。

 

最強の節電方法は公共の施設などで過ごすことですね。

 

夏ならほとんどの店で冷房がきいているので

夏休みはある外の室内で過ごすとよさそうです。

 

受験生や夏休みの宿題をする人は図書館などがいいかもですよ。

もちろん勉強が許可されている図書館での話ですが。笑

 

古いエアコンだと電気代が多くかかる傾向あるので

余裕があれば最新のエアコンに買い替えたほうがいいかもしれません。

 

というよりエアコンだけにかかわらず、

古い家電はランニングコストが悪いので

新しいほうが電気代が安いです。

 

省エネ化が進んでいますからね~。

 

また案外サボりがちなのがフィルターの掃除ですね。

 

フィルターにホコリがたくさん溜まっていると電気代が高くなります。

 

以前実家で電気代が高い原因を考えてみたところ、

私の部屋のエアコンのフィルターを

掃除していないことに気がついたんですよね。笑

 

エアコンが効かなくなったので

どうしたものかと悩んでいたこともあって

フィルターを見てみるとホコリだらけ…。笑

 

掃除してからは電気代も安くなり

効き目も新品同様になりました。笑

 

掃除って大切なんですね。笑

 

 ひとこと

エアコンを買い替えるとなるとかなりの費用が必要ですよね。

 

ですが最近では一昔前のに比べるとだいぶ安くなってますよ。

 

20年以上前のエアコンを使っている場合は

買い替えた方がいいかもしれませんね。笑

 

おそらく効き目も全然違うと思いますしね。

 

私の場合は夏は電気代がもったいないので

近くのショッピングモールなどによく出かけますよ。

 

部屋の中に閉じこもっているとリフレッシュできないですからね。

 

他にも床暖房やエアコンなど光熱費を徹底比較してみました。

エアコンの冷房と暖房の電気代を比較!高いのはどっち?

床暖房とエアコンのコストを徹底比較!ガス代と電気代はどっちが高い?

 

 

sponsored link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ