花粉は夜は飛ばない?飛散で悪化の真実!

2902788f01ec0d3d003ed45e3f481c55_s

 

花粉が飛ばない時間帯はあるのでしょうか?

時間によって飛散量が変わるのかどうかを調べてみました。

夜に症状が悪化する人もいるみたいですよね…。

夜に花粉は少ないイメージがあるのですがどうなのでしょうか?

sponsored link

夜に花粉は飛んでいる?

 

花粉は日中にたくさん飛んでいるイメージがありますよね。

 

実際花粉の量は、お昼頃にたくさん飛んでいるので

日中は外出などは控えた方がいいのかもしれません。

 

夜は植物が花粉を積極的に飛ばす時間帯ではないそうですが、

地面や空気中にはたくさんの花粉があるそうです。

 

その花粉が風により飛び交うので、

個人の実感として日中とあまり変わらないぐらいの

花粉の量があるように感じる人も少なくないようです。

 

私も夜に花粉症の症状が強くなります。

おそらく部屋の掃除が行き届いてないからかもしれないですね…。笑

 

私は花粉症でありながら空気清浄機も加湿器も部屋にないので…。笑

 

花粉症は動物の毛など、

ほかのアレルギーも引き起こしやすい状況になっています。

 

普段は飼っている犬の毛に対してのアレルギーなんて出ない人も

花粉症のシーズンはアレルギー症状が出る人もおられるようです。

 

ただ夜に花粉の飛散量自体は少なくなっているので

洗濯干しや換気をするなら夜中がいいんじゃないでしょうか。

 

夕方や夜でも20時ぐらいなら、

まだ日中の花粉が空気中にたくさん残ってると思いますし…

 

夜中なら人通りも少なく、

花粉が飛び交う要因が少なくなるので。

 

sponsored link

 

やはり人混みや車がたくさん走っていると

花粉も舞い上がってしまうようです。

 

なので夜中も交通量が多かったり、人がたくさんいる場所では

日中と変わらないぐらい花粉が舞っているかもしれないですね。

 

都会は夜もたくさん人がいると思いますから

都会の方が夜の花粉は多いかも…。

 

都会はコンクリートが多いので花粉が自然に帰っていく場所がないんですよね。

なので花粉はずっと街にあり続けてしまいます。

 

都会は、植物からの花粉の飛散量自体が少なくても

花粉が街に溜まる一方なので

田舎などよりも花粉症の人が多い傾向にあるみたいです。

 

それに都会だと自然に触れる機会が少ないですから

花粉などに対しての免疫力のようなものがあまりないんだとか。

 

やはり小さい頃から自然の中で暮らせば

花粉に対しても対応できるんでしょう。

 

昔は花粉症の人がいなかったなんて言いますが、

それはコンクリートやアスファルトという住環境が影響しているのかもしれないですね。

 

昔は地面はほとんど土でしょうから、

花粉がたくさん飛んでもほとんど土に帰ると思います。

 

ならば花粉が舞い上がる

ということはないんじゃないでしょうか…。

 

また昔は車もなかったでしょうから

空気もきれいだったんじゃないでしょうか。

 

空気が淀んでいると花粉症の症状が悪化しやすいと言われています。

 

今日では、どんなに田舎でも、いやむしろ田舎のほうが

車を使う人は多く、工場なども多いですよね…。

 

花粉症は便利を追求していった結果の

病気なのかもしれないですね。

 

花粉症が夜に悪化する原因についてはこちらの記事で紹介してます。
花粉症の症状は夜がひどい!マスクは効果ない?

 

また他の関連記事はこちらです。

花粉症は夜中がひどい?鼻水、鼻づまり、咳、くしゃみの対策!

花粉症を朝と昼と夜で比較!夕方が一番ひどい?

花粉症はなぜ夜に目がかゆいの?鼻詰まりや喉の痛みの対策!

 

ひとこと

花粉症は夜の症状に悩まされる人が多いですよね。

つらいですが医療の進歩もあり様々な対策法があります。

 

花粉症は治らない

としてしまうのではなく、

病院に行って対策をしましょうね。

 

手術や最新治療などたくさんあるので

症状がひど過ぎる人は一度相談してみてくださいね。

 

夜に寝れないと、「うつ」などを併発してしまうこともあるかもしれません。

花粉症はそれほどまでの辛さがありますからね…。

 

鼻の症状が強すぎる人は副鼻腔炎、

目の症状が強い人は、結膜炎など

ほかの病気を引き起こしてしまうこともありますから。

 

マスク一つでもかなり変わってくるので

対策をしていない人はマスクからでも始めてみましょう。

 

sponsored link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ