花粉症は雨の日が酷い!破裂でマスクは効果なし?

c4d044f75f629949abdc072e4e6a4044_s

 

花粉症は雨の日の方がしんどくないですか?

また雨上がりは症状が酷いという声が多いようです。

なんでも花粉が破裂することが原因なんだとか…

マスクも効果がないという噂がありますが本当なのでしょうか?

今回は花粉症と雨の関係について解説します。

sponsored link

花粉症は雨の日が酷いのはなぜ?

 

花粉は雨の日は少なくなるし

楽になるとよく言いますよね。

 

ですが人によっては雨の日の方が

花粉症の症状がひどくなる人がいるようです。

 

これは気圧が関係しているんですよね。

天気予報では雨の日は低気圧が発達する

なんて言いますよね。

 

つまり雨の日は気圧が下がるんですよね。

気圧が下がるとアレルギーの原因となるヒスタミンが増えるんですよね。

 

また雨の日は副交感神経が優位になります。

花粉症は副交感神経が高まると症状が重くなるんですよね。

 

ヒスタミンの増加と副交感神経の優位

このダブルで花粉症をはじめとしたアレルギーの症状が出やすくなります。

 

なので室内の少ない花粉でもアレルギー反応を起こしてしまうのです。

 

また雨の日は湿度が高いのでカビやハウスダストが繁栄しやすいので

部屋の花粉と相まってアレルギー症状が強くなるんでしょう。

 

私もハウスダストによるアレルギーが小さい頃からあるのですが

雨の日は症状が強かったですね…。

 

喘息も併発していたので布団の上で遊んだ日には大変でしたよ。笑

 

あと雨の日は花粉が飛んでないと考えている人がおおいですが

雨の日も花粉は少ないですが飛んでいます。

 

また雨の日に外出したら

店、駅、電車などは人が多いので花粉がありますよね。

服などにべったりついてるでしょうから

 

なので雨だからといって、

マスクなどをサボらずしっかり花粉対策してくださいね。

 

ただ大半の人は雨の日の方が花粉症が軽くなると思います。

 

sponsored link

 

雨の日の翌日はもっとやばい!

 

花粉は水を含むと破裂してしまい

本来の花粉のサイズより小さく分裂してしまいます。

 

100分の1以下になってしまうこともあるんですよね。

 

本来の花粉のサイズはかなり大きく

マスクをしていれば大抵は防げるんですけど

破裂により小さくなるとマスクの間をすり抜けてきてしまいます。

 

そしてこの花粉の小さな破片は本来の花粉より

はるかにアレルギー症状が出やすいんですよね。

 

もちろん破裂しているので量も増えますよね。

 

なので雨上がりのマスクは花粉症専用の

隙間のないマスクの方がいいかもしれません。

 

また雨上がりは、地面にたくさん花粉がコベリついています。

そして雨上がりは花粉が木から普段よりたくさん飛びます。

 

地面の花粉がまとめて舞い上がるのと

花粉がたくさん飛んでくることのダブルにより

雨上がりの花粉は量的にも多いんですよね。

 

さらに地面の花粉は破裂して小さくなってますから…

まさに雨の日の翌日の花粉は驚異ですね。笑

 

注意が必要なのは雨の日の翌日の洗濯物です。

雨の日に洗濯物を干せなかったからといって翌日に干したりなんかすると…笑

 

特に夜中に雨が止んだから洗濯を干す人がいます。

夜は確かに花粉の量は少ないですが

雨上がりは地面に破裂した花粉がべったりです。

 

それが夜風により舞い上がると

洗濯物に花粉がべったりですよ…。

 

あまり気が進まないかもしれませんが

雨の日の翌日こそ部屋干しをお勧めします。

 

花粉症についての関連記事はこちら

花粉症で部屋を換気してもいい?掃除の方法のまとめ!

花粉症でお風呂上りは目がかゆい!くしゃみがひどくなる?

花粉症を朝と昼と夜で比較!夕方が一番ひどい?

花粉症で目が痛い時や頭痛の対策まとめ!コンタクトで悪化?

花粉症は室内がひどい?辛いけどマスクは意味が無い?

 

ひとこと

 

花粉症は雨の翌日こそ注意が必要です。

 

連日雨が続くと、

特に花粉症対策をしなくても過ごせる日が続くでしょう。

 

花粉症治った?

なんて勘違いして雨上がりにマスクを付けずに出かけると、

とんでもないことになりますよ。笑

 

そして洗濯物は

雨の日も、晴れの日も、雨上がりも干せないなら

いつ外に干すんだ!

と言われそうですよね。笑

 

花粉症シーズンは部屋干しオンリーにしときましょう。笑

外に干した洗濯物の花粉は

叩いても完全に取ることは難しいですから。

 

 

sponsored link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ