花粉症の目の周りのかゆみや湿疹でブツブツがヤバイ?子供も危険!

09977bf84dbc186306a4e1a42c2f3f60_s

 

花粉症で目の周りのかゆみがひどい時ありませんか?

湿疹や肌荒れでブツブツができてしまうことがあるんだとか…。

子供でも花粉症で目の周りの症状に

悩んでいる子達も多いんだとか。

今回は目の周りの花粉症の症状の対策方法について考えてみました。

sponsored link

花粉症の目の周りの対処法

 

花粉症のシーズン目の周りが荒れる人が多いみたいですね。

花粉症は目のかゆみや鼻水などの症状だけでなく

目の周りの皮膚にも出るんですよね。

 

鼻水などの症状がなく目の周りなどの

皮膚だけに症状が出ることもあるので

花粉症であることに気づいていない人も多いんですよね。

 

目の周りが荒れているときは花粉症以外にも

目薬

コンタクトの洗浄液

化粧品

黄砂

などが考えられます。

 

これらが症状の原因の可能性もあるので

どれかを対策すれば軽減する可能性があります。

 

目薬やコンタクトの洗浄液には防腐剤が入っていますよね。

防腐剤が合わない人も結構いるので

目薬やコンタクトをやめたら治ることも多いようです。

 

また刺激の強い化粧品などが

そもそも肌に合ってないことも考えられます。

 

高いからいいというわけではなく、

ひりひりするものは肌にあっていないので

他のものに変えたりしたほうがいいでしょう。

 

合わない化粧品で湿疹することは結構多いですからね。

私の姉も1万円程する高い化粧水で

首元に肌荒れ起こしてましたから…。

 

アレルギー性結膜炎でも目の周りに症状が出ます。

適切な目薬を使うことで治るので病院に行ってださいね。

 

他にもまぶたの炎症やアトピーの可能性もあります…

考えられる原因は言い始めたらキリがありませんね。笑

 

簡単に言うと

目の周りの異常については

とりあえず目薬などは中止し

病院に行くということです。

 

これで大半は解決すると思います。

目の周りの皮膚は薄く繊細なのであんまりこすらない方がいいです。

 

シワやたるみの原因になりますからね…。笑

 

肌のトラブルは

栄養の偏りや睡眠不足、運動不足やストレスなどが関係しています。

 

外からのケア以上に体の内から肌に対してケアしていくといいでしょうね。

 

あと栄養は摂り過ぎはダメなので腹6分目ぐらいがベストです。

少食にすることで様々な病気や症状が改善します。

 

毎日3食、食べると胃腸が休まらないですし、

栄養の摂り過ぎで過剰な免疫機能になるので

1日2食ぐらいがちょうどいいです。

 

競馬の選手は40代になっても若い人が多いですが

それは小食だから、らしいですよ。

 

また花粉に当たらないように室内にひきこもり続けるのも

逆効果の可能性があるんですよね。

 

太陽の光に浴びないと

人間は生きて、いけないですからね。

 

花粉症だからといって全く換気しないのも問題ですし…。

夜中など花粉が少ない時に換気してしまいましょう。

 

sponsored link

 

子供にも症状が

 

子供も目の周りに花粉症の症状が出ることが多いようです。

 

アトピーなどを持っている子供は花粉症の症状が出やすいです。

皮膚にも症状が出やすいので、周りはよく観察してあげてください。

 

子供は擦ってはダメと言われても

擦ってしまいがちです。

 

擦りすぎると目の表面を傷つけてしまったり

目の周りがよりひどく荒れたりしてしまいますから注意が必要です。

 

目の表面に傷がつくとそこから細菌が入り結膜炎になったりしますからね…。

 

目をこすることにより将来、目の病気に

かかる可能性が上がることもあるようなので…。

 

眼瞼下垂という目が開きにくくなる病気になることもありますから。

これは手術以外治らないので…。

 

子供に目を擦らないようにしっかり説明することが大切です。

 

花粉症の関連記事はこちら

花粉症の目の腫れの対策や治し方について!冷やすとヤバイ?

花粉症は朝がだるい!目やに喉が痛いのは病気?

花粉症で目の周りが赤く腫れるとヤバイ?肌荒れでカサカサの対策!

花粉症の目のかゆみでひどいただれ!鼻づまりはなぜ?

花粉症で目が痛い時や頭痛の対策まとめ!コンタクトで悪化?

 

ひとこと

 

花粉症で目の周りが

荒れてきたなら何か対策をしましょうね。

 

荒れているにも関わらず

擦り続けるのは目にとって非常に悪いです。

 

痒い気持ちはわかりますが

擦っても一時的に解消されるだけですから…。

 

根本的にアレルギーの症状を治していきましょうね。

そうしなければ痒くなる一方ですからね…。

 

 

sponsored link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ