花粉症の目のかゆみでひどいただれ!鼻づまりはなぜ?

59df4bdd839f61cd6c4c4c87776648ff_s

 

花粉症の目のかゆみってすごいですよね?

掻いてたらひどい時は

ただれることもあるみたいですよ。

また鼻づまりがなぜ起こるのか

についても解説します。

sponsored link

花粉症の目のかゆみでただれる?

 

花粉症ってどうしてあんなに痒いんでしょうか?

ほんとに目のかゆみなんて我慢できないですよね。

 

目のかゆみの掻きすぎなどで

目の周りがただれてしまうことがあるようです。

 

目の周りは顔の皮膚の中でも

特に弱い場所なんですよね。

 

皮膚が薄いので、

シミやシワになりやすいんですよね。

 

ただれてしまったり荒れている時の保湿の対策としては

ワセリンがいいかもしれません。

 

ワセリンは高齢者の褥瘡などにも使われるので

その効果は凄まじいですよ。

 

私は冬のリップクリーム代わりに使っていますが

塗ると水をはじいてくれるのでそう簡単に落ちません。

しっかり皮膚を保護してくれます。

 

私は今までリップクリームを塗っても逆に荒れてしまうことがほとんどだったのですが

ワセリンは塗ったら綺麗に荒れが治りましたね~。

 

なかなかいいリップクリームがない人にもオススメです。

 

ワセリンは目の周りには使っても大丈夫だと思いますが

一応お医者さんなどに確認された方がいいと思います。

 

やはり花粉症といえど自己判断は怖いですからね。

 

sponsored link

 

鼻づまりはなぜ起こる?

 

実は鼻づまりって

鼻水が詰まってるんじゃないんですよね。

 

誤解している人が多いんじゃないですか?

私もついこの前まで知りませんでした。笑

 

鼻づまりは鼻の中の鼻甲介というのが

炎症で腫れることで鼻の通り道を狭くすることが原因なんですよね。

 

だから鼻づまりの時に鼻をかんでも鼻水が出ないんですよね。笑

 

鼻づまりの治し方については

ペットボトルを脇に強く挟むと

一時的にですが解消できます。

 

30秒ぐらい挟むと効果が出ますよ。

一時的ですが。笑

 

最近ではこの鼻甲介を切除したり焼いたりするような手術があるようです。

一年中鼻が詰まっている人なんかは一度相談してみてもいいかもしれませんね。

 

花粉症の時は運動をすると効果的です。

交感神経を高めることで、花粉症の症状がでなくなりますよ。

 

ただ汗をかきすぎると皮膚に塩がたまり

花粉症皮膚炎の悪化につながる可能性もあるので

ほどほどの運動にしてくださいね。

 

アイマスクやゴーグルが効果的?

 

目の花粉を防ぐ方法としてオススメなのがゴーグルとアイマスクです。

家の中ではゴーグルをつけると

目に一切花粉が入らないので完全防御できます。

 

どこかの焼肉屋さんは炭火の煙がすごいので

ゴーグルをつけて食べる店があるようですが

煙は目に一切はいらないようです。

 

ゴーグルの防御率は100%でしょうね。

 

また夜はアイマスクをつければ目に花粉が入ることはありませんね。

普通のマスクをつければ鼻と目の同時ガードで完璧かも知れないです。笑

 

私は閉所恐怖症なんでこの寝方は無理だと思いますけど。笑

 

夜が一番辛いですからね。

寝れないですし睡眠不足になりますから。

 

また見落としがちなのが

服を洗濯して干した時に

花粉が付きっぱなしのときですね。

 

裏返して干して、

花粉を落としてなかったら

皮膚に症状が出る人にとっては一大事ですね。笑

 

だって花粉が服を着ている間に

ずっと内側にくっついてるんですから。

 

花粉症のおすすめ記事はこちら

花粉症の症状は夜がひどい!マスクは効果ない?

花粉症はなぜ夜に目がかゆいの?鼻詰まりや喉の痛みの対策!

花粉症は加齢の免疫力低下で治る?食事で治った!

花粉症は朝がだるい!目やに喉が痛いのは病気?

ランニングで花粉症が改善できる?食事で、あの食材が鍵!

 

ひとこと

花粉症の症状が強い人は

目を擦らなくてもただれることがあるようです。

 

それほどまでに症状がきつい場合は

一度病院に行きましょう。

 

花粉症も適切な対処をすれば

ある程度は改善しますから。

 

また鼻のかみ過ぎで鼻の周りがただれることもあるみたいです。

鼻をかむと中耳炎になる可能性もあるので

ティッシュで拭くぐらいがいいみたいですよ。

 

鼻をかんで耳が遠くなる時ありませんか?

あれは耳に鼻水が行ってるんです。

 

なのでかみすぎには注意が必要です。

 

 

sponsored link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ