伸ばさないストレッチ、アロンガメント・ジナミコとは?肩コリや転倒防止に効果的!

9bc4018f64a4d8a3a23f06a698ee05ab_s

 

アロンガメント・ジナミコって知ってますか?

最近注目されているストレッチで、有名なんですよね。

なんでも肩コリや転倒防止にいいんだとか。

ストレッチといえば静的ストレッチや動的ストレッチに分類されますよね。

果たしてアロンガメント・ジナミコはどちらの種類のストレッチなんでしょうか。

さらにその効果や方法などもご紹介します。

sponsored link

伸ばさないストレッチ、アロンガメント・ジナミコとは?

アロンガメント・ジナミコはalongamento dinamicoという綴りです。

ポルトガル語らしく、alongamentoはストレッチという意味で、

dinamicoはダイナミックという意味です。

 

つまりアロンガメント・ジナミコとはダイナミックストレッチのことなんですよね。

 

ダイナミックストレッチは

ラジオ体操のような軽めに体を動かして

筋肉の動きを良くするストレッチです。

 

基本的には運動前に

行われるストレッチとして

効果が高いと言われています。

 

ストレッチといえば、筋肉を伸ばすようなイメージありますよね。

そのようなストレッチは静的ストレッチと呼ばれています。

 

静的ストレッチは運動後に行うのがベストです。

そして運動前に静的ストレッチをすると

逆効果の可能性があります。

 

というのも運動前は筋肉を収縮させるのですが

静的ストレッチで筋肉を伸ばしてしまうと

その後収縮に支障が生じてしまい、パフォーマンスが落ちる傾向があるそうです。

 

なので運動前はアロンガメント・ジナミコ(=動的ストレッチ)をして

運動後は体を伸ばすストレッチである静的ストレッチをすると

筋肉の性質上非常にいいと思います。

 

アロンガメント・ジナミコのやり方について!肩こりや転倒防止に効果的?

アロンガメント・ジナミコ(=ダイナミックストレッチ)のやり方は

基本的にはラジオ体操でオッケーです。

 

注意点としては、座ったり寝転がったりしてやらないことですね。

座る特に寝ている状態はリラックス状態になるので

アロンガメント・ジナミコとは相性はよくありません。

 

寝転がるストレッチは静的ストレッチの時に効果的なので

運動後に寝転がりましょう。

 

ダイナミックだからと言って、最初から激しくやりすぎないことが大切です。

いきなり強く動かすとケガの原因になるので…

 

色々トレーニング法があるのですが、

この手の方法は基本的には三日坊主で

終わると思っているのでラジオ体操でいいと思います。

 

血流が良くなるので体のコリをほぐしてくれたり、

冷え性が改善されたり、眼精疲労に良かったりします。

 

脳などにも非常にいい効果が期待できます。

 

体を動かすと脳にも指令が行きますからね。

普段体を動かさない人は

そのような脳の機能も働いていないので

ある意味脳トレ的な効果も期待できます。

 

また関節を動かすことで、柔軟性が増すので

ケガ防止などのストレッチの醍醐味ももちろんあります。

 

血流が良くなり柔軟性が良くなると、腰痛にも効果がありますよね。

もちろん体が柔らかいと、転倒しにくいですし。

 

デスクワークが多い人だと、目、頭、首、肩が凝り固まってしまいやすいので

ダイナミックストレッチでそれを緩和することができます。

 

私も、会社では毎朝ラジオ体操をするのですが、

その効果を実感してます。笑

 

やはりラジオ体操をすると体がシャキっとしますし、

集中力があがりますからね。

 

それに、ラジオ体操をしているだけあってか

社員もみんな若い気がします。笑

 

まあ別にラジオ体操じゃなくてもいいのですが

体を軽く動かす運動を取り入れることで

健康上非常にいいのです。

 

肩こりにいいのは

肩を上げたり下げたりを繰り返したり、

肩を前に出したり胸を張ったりを繰り返すと、

肩周りの筋肉がほぐれるので効果的です。

 

 

①肩をあげます。

 

20150216_045637_HDR-1

 

 

②肩を下げます。

 

20150216_045653_HDR-1

 

肩の上下を交互に何度も繰り返すといいです。

空き時間でもできますよね。

 

 

①肩を前に出す

 

20150216_045721_HDR-1

 

②胸を張る

 

20150216_045736_HDR-1

 

これも交互に繰り返します。

肩甲骨を動かしています。

 

肩甲骨が凝り固まってしまうと猫背の原因となり、

眼精疲労や腰痛や頭の回転が悪くなります。

 

肩甲骨のコリを改善し猫背を治すことで

それだけで、自信や集中力が上がったりといいことだらけなので

姿勢を改善していくことは大切です。

 

肩甲骨は後ろ側なので意識しにく場所ですが

毎日やってるとわかってくるので

最初からできなくても心配しないでくださいね。

 

基本的に人間は、体の前は意識しやすいですが

後ろ側を意識するのが難しいんですよね。

 

筋トレも前ばかりやって、

背中の肩甲骨付近の筋トレなんて

したことない人も多いですからね。笑

 

何年もかけてジムに通っている人でも

背中を上手く鍛えられていない人が多いです。

 

前だけムキムキで背中がブヨブヨだと…笑

 

それほどまでに肩甲骨というのは意識しにくい場所ですが

胸を張るような簡単な動作で動きますので、

毎日継続してやっていくといいですよ。

 

sponsored link

 

静的ストレッチは意味なし?

 

アロンガメント・ジナミコが効果的なら

静的ストレッチに意味がないのか?

 

いえいえそんなことはありません!

 

静的ストレッチは運動により

収縮してしまった筋肉を伸ばしてくれるので

運動後にすると怪我のしにくい筋肉を作ってくれます。

 

ただ伸ばしすぎても意味がないことが科学的に証明されています。

というのも筋肉は伸ばしすぎると逆に収縮してしまうのです

 

なので痛くない程度に伸ばしてあげましょう。

マックスの半分以下の伸ばし具合でオッケーです。

 

他のおすすめ記事はこちら

腹筋の筋肉痛が治らないのは病気?原因不明の痛みを検証!

ウォーキングや有酸素運動の時間帯について!ダイエット効果は嘘? 

腰痛に腹筋と背筋のバランスは関係ない?治し方がヤバイ!

 

ひとこと

アロンガメント・ジナミコは柔軟性を上げるだけでなく、

運動によって得られる効果があるんですよね~。

 

ラジオ体操は体に良いと昔から言われていましたが

本当に、理論的にも健康的なんですよね。

 

昔の人の知恵のおかげですね。笑

 

効果を知らなかったときは

毎朝ラジオ体操を何のためにやっているんだ

と常々考えていました。笑

 

ラジオ体操は美容効果があることも考えると

女性のやる気も上がるんじゃないでしょうか。

 

肩の運動も誰かと一緒に喋りながでもいいですから、

続けてみてください。

 

人と喋りながら体を動かすことは

脳にとって非常にいいんですよね。

 

認知症の症状にも良いと言われるぐらいですから

頭の回転が早くなるのは間違いないですよね。

 

普段から運動を日課にしている人は、

アロンガメント・ジナミコ→運動→伸ばすストレッチ

このような順番でやると効果抜群です。

 

よくスポーツ選手でも走る前に

足を振り子のように大きく上げられてますよね。

 

あれこそがアロンガメント・ジナミコなんですよね。

 

日本ではまだまだ広まっておらず試合前でも

静的ストレッチをする学生が多いのが現状です。

 

アロンガメント・ジナミコが広まってくれることを願っています。

 

 

 

sponsored link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ