プロテインの髪への効果について!副作用が脱毛ってマジ?

033674

 

プロテインの髪への効果はあるのでしょうか。

なんでも脱毛の副作用があるなんて噂がありますが…

プロテインの主成分を調べてみると

プロテインの髪の効果の真相が分かりました。

sponsored link

プロテインの髪の効果について!

プロテインは筋肉を増量させることが目的で

男性が好んでよく飲む印象がありますよね。

 

「プロテイン」は日本語に訳すと「蛋白質」です。

つまりプロテインはタンパク質のことなんですよね。

 

また髪の毛はほぼ100%がタンパク質から

できていると言われているので

プロテインを飲むと髪の健康上

非常にいいということになります。

 

肉類をたくさん食べると髪に良くないイメージがありますが

それはタンパク質と同時に動物性の脂質をたくさん摂取しているからでしょう。

 

動物性の脂質は血液の流れを悪くしてしまうので

頭皮にまで栄養が行きにくくなり

髪の栄養不足になる可能性があります。

 

さらに頭皮に油が溜まりやすくなり

髪が抜けやすくなってしまいます。

 

抜け毛が多い人は食生活を見直した方がいい場合が多いと思います。

やはり頭皮の環境は体の内面的な要素も大きいですから。

 

私も肉中心の生活なのですが

抜け毛を見てみると油が溜まっているのが分かります。笑

 

恥ずかしい話ですが、毛根の根っこの方が細くなってるんですよね。笑

脱毛の危険信号ですかね…。笑

 

毎日シャンプーしてるんですけどね。笑

 

 

プロテインの副作用に脱毛がある?

 

プロテインに副作用があるというのは事実ではありません。

 

プロテインはタンパク質なので

普通の栄養成分です。

 

薬ではないので体に直接的に作用していくものではありませんから

副作用はあるわけがないのです。

 

プロテインは栄養豊富にも関わらずカロリーが低いので

飲み過ぎちゃう人も多いみたいです。

 

ですが高栄養なので、

過剰摂取は体への悪影響があります。

 

タンパク質を取りすぎると

胃や腸に大きな負担がかかってしまいます。

 

胃腸に負担がかかると

脱毛を促進する可能性があるので注意が必要です。

 

またプロテインの成分にアレルギー反応があるなら

頭皮が荒れて抜け毛の原因になりかねません。

 

なのでプロテインは成分をしっかり確認して

適切な量を飲むようにしてくださいね。

 

sponsored link

 

また激しい運動や筋トレを毎日していると

筋肉の修復作業にタンパク質が必要となります。

 

その時にタンパク質が不足していると

髪の毛に送るべきタンパク質がない状態になり

一気に脱毛を促進してしまします。

 

栄養不足が脱毛の原因となることも多いんですよね。

 

栄養の摂り過ぎもダメですが

栄養が足りないのもダメなんですよね。笑

 

脱毛は頭皮の栄養不足から起こることが多いので

それを改善していくには

バランスのとれた食生活はもちろんのこと

有酸素運動をしたりすることが大切です。

 

またパソコンやスマホの見すぎも眼精疲労を引き起こし

頭皮が凝り固まって脱毛を促進させます。

 

頭皮の血流が悪くなることが脱毛の原因となるので

目を酷使せず、同じ姿勢を続けず

運動をし、お風呂にゆっくり入り

頭皮マッサージをすれば

脱毛の改善が見られるのは間違いないでしょう。

 

もちろんバランスのとれた食事は大前提ですよ。

 

私もパソコンをかなり使いますし

お風呂はいつもシャワーで

食生活は乱れていますから

脱毛に一歩一歩近づいているのかもしれないですね。笑

 

最近髪に元気がなくなってきたように感じるので

これを機に食生活から改善していきたいと思います。笑

 

ひとこと

 

プロテイン自体に脱毛の原因となる副作用はなく、

むしろ育毛に非常にいい効果をもたらしてくれると思います。

 

プロテインで脱毛になるとしたら

〇プロテインの過剰摂取による内蔵の負担

〇トレーニングしているのに少量しか飲んでいないことによる栄養不足

〇成分によるアレルギー

が予測されます。

 

いかに自分に適した量を飲むかが大切です。

 

プロテインの関連記事はこちら

プロテインの副作用が体臭ってマジ?肝臓と腎臓がヤバイ!

プロテインの副作用のにきび、かゆみがヤバイ?

寝る前のプロテインと牛乳は太る?負担がヤバイ!

ザバスのプロテインが改悪された?口コミを調べてみた!

 

 

 

 

sponsored link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ